“ロールモデル"
工学部 機械工学科
竹内 奈々 さん

勤務先
トヨタ自動車株式会社
先進技術開発カンパニー 先進車両技術開発部
先進モビリティ開発室 実安全技術開発グループ


出身学部
2016年 東京都市大学 工学部 機械工学科 卒業
2018年 東京都市大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 修士課程 修了


出身高校
神奈川県立川和高等学校 卒業

現在の仕事内容

自動車の衝突安全技術を開発しています。自 動車同士が衝突する場合や自動車と歩行者が衝突する場合に、どのようにして乗員や歩行者が怪我をするのか、どうすれば怪我を少しでも軽減できるか、コンピュータシミュレーションを使って解析しています。人体の構造や怪我のメカニズムを理解するために、学術論文や専門書を読んで日々勉強しています。より人にやさしいエアバッグやシートベルトなどの安全技術をお客様に提供したいと思っています。広報活動などでは多くの人と接する機会があり、やりがいを感じています。

職業を選択したきっかけ

クルマ好きの父の影響で小さい頃から自動車に関わる仕事がしたいと思っていました。大学では機械工学を専攻、自動車工学コースを選択しました。研究室で衝突安全について知り、自動車の安全技術に興味をもちました。インターンシップで現在の職場にお世話になり、そのご縁で入社、同じ職場に配属されました。

夢の実現に向けて努力したこと

「努力」と胸を張って言えるような大それたことはしていませんが、強いて言うならば、いろいろなことに目を向け、興味を持ったことにはとことん打ち込みました。偏見を持たず多くのことを吸収してきた結果、やりたいことを見つけることができました。


“ロールモデル”

私の趣味

“ロールモデル"
趣味はたくさんあってどれについて話すか迷いますが、いま熱中しているのはプロ野球観戦です。クルマと同様、小さい頃から地元のベイスターズを応援して丸20 年になります。社会人になってお金や時間の余裕ができたので、以前よりも多く球場観戦しています。平日や忙しい時は部屋で中継を観て応援し、職場の人とも野球の話をしたりしています。

都市大を選んでよかったこと

“ロールモデル"
元工業大学なので専門的なことを深く学べると思いました。教授や先輩、OB の方がよく気にかけてくださり、熱心に指導してくれるところがよかったと思います。また、研究室に配属されてからは、社会人になった今でも使える専門的な知識や資料作成の基礎を得られただけでなく、どう仕事を進めるのかを学ぶことができました。

Message

大学生活に不安を持っている方もいらっしゃると思います。不安なのは最初だけですぐに楽しくなります。大学生活の中で、もしやりたいことを見つけることができたら、その気持ちを是非持ち続けてください。きっといろんなことに挑戦する原動力になると思います。そして、女性が活躍することが当たり前になる社会を一緒につくっていきましょう!お待ちしています。